車のメンテナンス

 

車のメンテナンスを始めよう

今や車は一家に一台ではなく、一人に一台にもなるほど自動車社会となってきています。
そのため、多くの人が車に乗って通勤、買い物などをおこなうことでしょう。
ひと昔前までは、車は10年が限界、10万キロを超えたら買い替え時といわれていました。
ですが、今は車の性能もよくなっており、20万キロも30万キロも走行できるようになっています。

 

ですが、実際には、やはり10万キロを超えたくらいでいろいろと故障が出てくる場合もありますし、逆に20万キロを超えても全く不具合が出ないという車もあるのです。
もちろん車を購入した人の当たり外れはあるとは言いますが、実際、何年乗れるかというのは、普段のメンテナンスが重要な役割を担っているのです。
メンテナンスしだいで車を長く乗ることができますし、逆に売る時にも査定額が高くなりがちです。

車のメンテナンスのポイント

車のメンテナンスというと、いろいろなポイントがあります。
まずはボディー。
ボディーは普段から一番雨や風、飛び石などで傷ついている可能性が高い部位です。
また、冬の雪道などは融雪剤を撒いていますから、そのままにしておくとさびの原因となります。
ボディーのメンテナンスは洗車をすればいいといいますが、洗車もやり方次第では、逆に車を傷つけてしまう可能性もあるのです。

 

また車にはいろいろな部分でオイルが活躍しています。
ほとんどが潤滑油として、もしくは油圧式に使用したりしています。
これが汚くなったり、量が少なくなっていくと、徐々に車への負担が大きくなります。
定期的なチェックが必要になるのです。

 

その他には、命にかかわるものとしては、タイヤのメンテナンスがあります。
タイヤは唯一地面にふれている部分です。
その溝がすり減っているだけで、安全な走行はできなくなります。
特に雨の日などはスリップがしやすくなりますから要注意です。
また空気圧もこまめにチェックしておかないと、バランスが悪くなり事故の元にもなりますし、車のトラブルにもつながります。

 

このように、ちょっとしたメンテナンスで、車のもちも事故の発生する確率も低下します。
安全な運転を心掛けるには運転操作だけでなく、こういった車のメンテナンスも重要なのです。
水疱瘡症状